下地を塗ってからアイシャドーを塗っています

最近、アイシャドーを塗ってから数時間経つと、まぶたが乾いて粉をふいているような状態になってしまいます。

 

元々乾燥しがちな肌だったことと、もうすぐ40歳という年齢のせいかもしれません。

 

そこで、アイシャドーの下地というものを使ってみることにしました。

 

まぶた専用の化粧下地で、トリートメント成分がたっぷり配合されているものです。

 

オリーブオイル、ビタミンA、ヒアルロン酸などの保湿成分が主で、やや固めのクリーム状です。

 

下地だけを塗ってみると、ほんの少しまぶたにツヤが出ました。

 

その後、アイシャドーを塗ると、いつもより肌へのなじみがよく、色が鮮やかに出たような感じがしました。

 

塗った直後から、アイシャドーがよれてしまうこともありますが、そういったことはなかったです。

 

お昼休みにメイク直しをするときも、アイシャドーの崩れはそれほど気になりませんでした。

 

目尻だけ少し薄くなりかけていたので、上から付け直す程度で済みました。

 

帰宅後は、さすがに全体的にアイシャドーの色が落ちていましたが、いつもと比べるとキレイな状態でした。

 

驚いたのは、メイクを落とすまで、まぶた全体にハリがあったことです。

 

1日経つと、まぶたが乾燥してシワシワになっていることもあったのですが、そういったことは全くなかったです。

 

使い続けると、アンチエイジング効果も期待できるとのことで、しばらく使ってみようと思います。

 

 

TOPページに戻る